工務店でこだわりの家づくり!良い工務店とは?

工務店を比べるとき重要な点と注意をまとめたサイト

>

現場の見学でチェックしたいこと

施主のこだわりが分かる完成見学会

完成見学会では、新築物件に入って中の様子を見ることができます。
展示用のモデルルームと違い、実際に人が住む予定の家を見学できるので、自分が新築をする際の参考を得たいなら必ず行くべきです。
一方、他人の家でしかも未使用の物件に入ることになるため、服装やマナーに気を遣わなければなりません。
家に傷がつくのを予想してお子様同伴不可となっている現場もあるので、家族全員で行くのは難しいでしょう。

見学ではまず自分が理想とする家と実際の様子を比べ、日の当たり方・温度などの環境から風呂・キッチン設備まで、
自分が生活するときに便利になりそうな点をメモするのがポイントです。
ただ、すべての設備を同じように再現すると予算をオーバーしてしまうかもしれないので、標準仕様かオプションかの確認がそれぞれ必要です。

また、部屋内外に伝わる音も重要です。
一度家の外に出て、中の音がどれくらい外に漏れているか確認しましょう。

構造見学会で壁の中身を確認する

家が完成すると壁に覆われて見えなくなってしまう所を確認したい場合は、構造見学会に行きましょう。
完成見学会では聞けない家の構造についてのこだわりを詳しく知ることができます。
見学のポイントは以下のような点です。

・現場が整理整頓されているか
・職人など工事関係者の雰囲気
・基礎工事の方法・出来栄え
・耐震性・耐久性・高気密高断熱をどのように実現しているか質問する

構造見学会では、まだ工事をしている現場に入ることになるため、係員の指示には必ず従いましょう。
ヘルメット着用・服装など、事前の準備については問い合わせが必要です。
また、見学している場所は工事中とはいえ他人の家になる予定の建物なので、写真撮影は許可されている場合を除き控えるべきです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る